2020年06月01日

近々オンラインベビーマッサージを始めようと思っています♡

今日から6月ですね~

いよいよ娘の幼稚園も始まりますし、庭のブルーベリーも収穫できるようになってきました
IMG_8955.JPG

そんな今日は「近々オンラインベビーマッサージを始めたい」ということなのですが、

まず、今年は本来ならばベビーマッサージで色々と活動する予定でした。

市民講座、地域の親子クラブ、ベビーマッサージをまったり伝えるクラスなどなどなど。



ベビーマッサージを通して始まりは赤ちゃんの頃から親子さんをサポートしていきたいと考え、

ベビーマッサージに力を入れていきたいと考えていたからです

ですが、このご時世で私はこのように考えているため自分の教室を再開するつもりがまだありません。




ですが娘も幼稚園に入りますし、自分の時間ができるので何かやりたいなと思うのです


そもそも娘が幼稚園に入ったら医療現場に少し復帰する予定がありました。

ですが、こちらはコロナが流行りだしてから中止しています。

医療現場の仕事をすることで人の為になって自分の勉強にもなって稼げるかもしれないのですが、色々な人と接触しなくてはいけなくなるので

今は戻る時期ではないと判断しました。

二人目も望んでいますのでいつ妊婦さんになるか分からないと思うと、今じゃないなと。

不安を抱えながら仕事するのはいい仕事ができないと思うからです。

(医療職の友人は沢山いますしがんばっている友人には頭が下がります)



とうことで、現状より今の自分にできる個人的な活動は助産師動画配信と、オンラインベビーマッサージと考えています


オンラインベビーマッサージ。

自分としてはこのような内容を考えました
IMG_8901.JPG
30分✖3回

小さなお子さんを連れている方に長時間画面越しでやりとりをするのは厳しいと考えています。

よって3回に分けて少しずつベビーマッサージを伝えながらお話したり親子で遊べるような内容の予定です


動画フォローアップ

オンラインとなると、実際に伝えるよりも伝えるクオリティは下がります。

またお子さんの気分もあると思いますので気乗りしない時はさあ大変。

なのでその後のフォローが必要です

手技や効果などを含むフォローアップ動画をつけさせていただきます(動画テキストといったところ)


特典

オンラインならではのお話の良さを活かし何かつけたくなり、内容を「お産を語ろう」としました。

バースレビューと言って

前向きにお産の振り返ることで、前向きな子育てにつなげられるように、産後カウンセリング的な感じで

助産師としてママの話をゆっくり聞きたいと思いました


価格
3千円



そして、

「自分のしたいことと、ママが求めていることが違うといけないなぁ」

「ママの求めに答えたいなぁ」

「自分はすごくいいと思っていても需要はあるのかしら」

「お客様がいなかったらやれないわ~」

こんなことを思い、他の身近なママに色々と聞いてみました



価格

「それだけ助産師さんがやってくれるなら価値があるなぁ。

価格の相場はわからないけど、オンラインになると3~4千円くらいかな」

「相場が分からないから1回500円くらいかなと思ったけど、色々見てみるとオンライン30分1回で1500円とかでやってみたいだよ」

「3回+特典もついて、動画のテキストまでついていたら3千円は割にあってないでしょう。

サービス精神旺盛なのはわかるけど盛りすぎ感がある。

3千円なら動画のテキスト付きで2回で特典なしでいいくらいかな」

「価値のある内容で勝負すべし。価値は自分で見出す。」



相場という言葉をよく聞きますが、実は相場ってないんですよ~

その人がいくらでやりたいか。

それを求める人がいるか。

どこに価値をおくか。

生活は人それぞれ。

価値観って人それぞれです。



特典について

「お産を語るだと、語って終わりだからむしろ助産師相談の方が嬉しい」

「助産師相談がいい」

「お産を語ると言われると素人がやるみたいだし、勝手に語っといてくださいってなるよ。バースレビューって書いた方が分かりやすい」

ありがとうございます




身近な方のご意見を聞いて

自分はサービス精神が旺盛で盛りすぎる傾向にあることが分かりました。

「お金をいただくのであればこれもこれも」

となってしまいがちなのですが、もっとシンプルスマートに価値を見出していけたらと思います



「オンラインベビーマッサージ」開始に向けてもう少しよく考えてみたいと思います



皆様も何かアドバイスございましたらどうぞ教えて下さい

ほっこり親子教室 ほにかママ
posted by ほにかママ at 07:35| Comment(0) | 子育て悩み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月30日

カンガルーケアと新生児のお悩み♡

皆さんはカンガルーケアをご存知でしょうか?


出産直後に取り入れている産院も多いのでカンガルーケアを経験されたことがある方もいらっしゃるかもしれませんね



カンガルーケアには早産児に対する医療行為として行う場合と

出生直後のカンガルーケアがあります。



今日は出生直後のカンガルーケアについてお話しようと思うのですが、

出生直後のカンガルーケアは「Eary skin to skin contact : STS」と言われ

ママと赤ちゃんが直接肌と肌の触れ合いを行うことで分娩後のよりよい母子関係を築き、母乳哺乳をすすめるためのケアとして推奨されています



利点は、

①皮膚の接触によって赤ちゃんの体温が維持され、呼吸が安定し、体重増加を促進する

②母乳分泌が増す

③母子の愛着が深まる




カンガルーケアの歴史は1978年に南米コロンビアの首都ボゴダで保育器不足への対策から生まれ、

効果がみられたので「ケア」として世界的に注目を集めるようになりました。


日本ではNICUで阻害されている親子関係を何とか支援したいとスタートし、

全国の産婦人科医、看護師、助産師の賛同を得て普及したと言われています。



日本においては救命というよりも、「母子関係の強化」であること、

出生直後の赤ちゃんに行うカンガルーケアは安全に行うことが求められます



なので、カンガルーケアを行う際には

事前に確認・説明をきちんと行い、赤ちゃんが元気であること、

何かあっても対処できる人が赤ちゃんを観察しながら行っていたり、酸素測定モニターを装着しながらだったり、

方法はそれぞれなのですが安全性を保ちながら行います




助産師として働いていたころは、カンガルーケアの見守りも行ってきました。

もうすぐ赤ちゃんが生まれる頃、お産係の助産師のサポートをしながら

新生児モニタリングを読みながら赤ちゃんの状態を予測し

赤ちゃんが生まれてから何があってもよいように色々と準備準備



そしていよいよ赤ちゃんが生まれる時には、お産係・パパと一緒にママの呼吸を誘導し、

少し温かくしたバスタオルを持って赤ちゃんが生まれるところを待ち構えます



赤ちゃんが生まれ、カンガルーケアができる状態であればすぐにママの胸元に連れていきます(一例です)



胎盤が出て、おしもが切ったり切れたりした場合には縫い合わせたりする間も、

カンガルーケアをしている間中、赤ちゃんの状態をよく観察します




「まぶしいよ~ここはどこなんだ~」といった泣き方でものすごく泣いている子も、

ママの胸元に行けばみんな大体うっとり

ママの心臓の音を聞いて、ママと触れ合って、安心している様子でうっとり

そしてそんな我が子を見て、癒されるご両親

それはそれは幸せな時間です



そして少し経つと赤ちゃんって本当にすごいのですが、生まれたばかりでも自分で首を持ち上げおっぱいに向かって進む進む

そして自分でおっぱいを見つけくわえて吸うことができるんです

「生まれたばかりでこんなことができるなんて赤ちゃんってすごいな~」とその様子を見るたびに毎回感動していました




私自身も我が子をカンガルーケアしていますが

胸元に来てくれた時の感動は今でも忘れません




そして今日はなぜカンガルーケアの話をしているかと言うと、

最近出産した妹の悩み。(もうすぐ新生児を卒業)

「子どもが寝ない。元気すぎる。母乳とミルクを飲んだ後も元気に覚醒している。昼も夜も元気すぎてあまり寝てくれなかった・・・。」

ということで一緒に色々と試行錯誤をしているのですが、気分を変えてカンガルーケアをすすめてみたのです



するとどうでしょう。

全然寝ない時に、赤ちゃんを胸元に置きカンガルーケアをしてみると嘘のように「うとうとうと」

寝る寝る~

泣きだした時も胸元にいくだけですぐにうっとり


ママの心臓の音を聞いて、安心している様子だそうです

「昨日は3、4時間くらいぐっすり寝れたから元気だわ~」と元気そうな妹




新生児の頃、特に3ヶ月くらいまでは赤ちゃんには昼も夜もありません。

睡眠は浅く、短い睡眠サイクルで寝て起きて泣いてを繰り返していきます

でも、少しでも寝てくれたら・・・・少しでもぐっと寝れたらありがたいですよね。


ということで、

なかなかぐっすり寝てくれないそんな時に、カンガルーケアおすすめです
ダウンロード (92).jpg
ほにかママ
posted by ほにかママ at 07:19| Comment(0) | 子育て悩み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月28日

最近はまっているグミ作り♡

娘は最近グミキットを使ったグミづくりにすっかりはまっています



スーパーに一緒に行った時のこと。


「これ買って」と目を輝かせながら自分で選んできました


「お寿司づくりキット?」

あまり美味しそうではないのですが、娘が目を輝かせているので購入しました



わくわくしながら開けると、まず水をカップにいれて、

酢飯の元と水で酢飯づくり


のりキャンディーを伸ばして、

たまごとマグロを作り

これが一番楽しそうでしたがスポイトで液体を垂らして「ぽとんぽとん」といくらづくり

「どんな味だろう~」と味が気になった様子で二人でお味見すると、オレンジの味でした

できた作品はこちらです
IMG_8846.JPG
お味は、、、娘「美味しい~!!なんて素敵なお味」

と最近は本物のお寿司にもはまっています



更に、いくらの玉づくりがすごく楽しかった様子+娘はキレイな玉が大好きなので

こんなものをまたスーパーで見つけ、買わされました
IMG_8844.JPG
これは玉づくりに特化したグミキットです

3食の色水から色を足して6色の色水へ

そしてそれをぽとんぽとんと水に垂らしていくらみたいな玉ができます
IMG_8843.JPGIMG_8845.JPG
この段階で娘はもう「すごいすごい~」と楽しそうだったのですが、

更にこれをグミの型に入れてグミづくりもできました
(大好きな水色は自分の手元に置き、玉の状態で全部自分で食べていました)
IMG_8848.JPG
そして色んな味が楽しめて美味しいという

最近実験が大好きな娘。

すごく楽しかった様子で長い時間も楽しそうに実験していましたし

実験しながらお味見お味見

娘の好奇心を刺激してくれるお菓子でした



大人も子どもも一緒に楽しめますし

子どものワクワクをどんどん引き出してくれるお菓子があることにすごく感激したのでした



また味が、野菜色素や水色は栄養補助食品などで活用されたりするスピリルナというところに笑ってしまいました

子どもが食べるものなので配慮してくださりありがとうございます

ほにかママ
posted by ほにかママ at 08:15| Comment(0) | 子育て日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月25日

我が家の畑♡

「最近畑どうなってるの~」と畑を気にしてくださる方がいらっしゃいますのでご紹介します


最近はめっきりいちごとさやえんどう玉ねぎ祭りだったのですが、

夏野菜を導入しました



種から育てたものと、苗を買ったもの、昨年採れた種芋を植えたもの色々です

がぼちゃくん
IMG_8721.JPG
娘が種から育てた枝豆君
IMG_8722.jpeg
さつまいもさん
IMG_8725.JPG
娘が種から育てたとうもろこしさん
IMG_8727.jpeg
にんにくくん
IMG_8728.jpeg
娘が種をまいたわさわさほうれん草さん
IMG_8729.jpeg
IMG_8756.jpeg
IMG_8757.jpeg
ねぎちゃんとわけぎさん
IMG_8731.jpeg
きゅうりくん
IMG_8734.jpeg
娘が種をまいたのでわさわさ大根
IMG_8750.jpeg
なす君
IMG_8740.jpeg
トマトさん
IMG_8752.jpeg
しょうがくん
IMG_8760.jpeg
さといも君
IMG_8761.jpeg
山芋くん
IMG_8763.JPG
そらまめさん
IMG_8762.JPG
じゃがいもくん
IMG_8739.JPG
いちごちゃん
IMG_8732.JPG
大豊作だった娘が種をまいたわさわささやえんどう
IMG_8735.jpeg
玉になってきた玉ねぎ
IMG_8726.jpeg
IMG_8463.JPG
大きい畑はこんな感じです



現在二年目なので昨年の反省を活かしながら活動しています

昨年は雑草がすごすぎたので、今年はマルチといって黒いビニールで雑草対策をしています



こんなに色々作っているのですが、いつも収穫できるわけではないので

スーパーのお野菜ももちろん活用していますよ



でも自分で作った野菜は美味しくて安心

楽しく活動していきたいと思います

ほにかママ


posted by ほにかママ at 07:28| Comment(0) | 子育て日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月23日

ベビーマッサージの効果と姪っ子初ベビーマッサージ♡

ベビーマッサージとはママが自分の赤ちゃんに触れてマッサージをする

ママと赤ちゃんの親子の触れ合い、スキンシップの一つ


そして、その中でも私がお伝えしているのは「わらべうたベビーマッサージ」

と言って、わらべうたを歌いながら行うベビーマッサージです


こんないい効果があります


こころ

「親子の絆を育みます」

触れ合うことで愛情ホルモンオキシトシンが分泌されます

親子でお互いに癒されて、親子の絆を自然と深めてくれます

また育児を楽しむ余裕が生まれます


からだ

「眠りの質が良くなる」

「脳の発達を促す」

「運動機能が発達する」

「便秘を改善する」

「免疫アップ」

「音感を育てる」

などなどです


ということで生後2週間が経過した姪っ子にベビーマッサージの指導を行いました

「産後本当に頭がバカでなにも覚えられない」と公言している妹。

そうなんですそうなんです

赤ちゃんを守るために、赤ちゃんのことだけ考えるようにそのような状態にみんななるんですよ~



ということで、今日は早速歌を歌いながら一通り一緒にやってみました


姪っ子泣かない

そしてなんともいえないかわいらしい表情

(㊟いつもかわいい)

IMG_8678 (1).JPG

IMG_8692.JPG

「歌って何を歌っていいか分からないから歌があるマッサージはありがたいわ~。頭がバカすぎて森のくまさんしか思い出せない」

と妹が言っていました

赤ちゃんはママのお歌が大好き

一応歌詞はありますがなんとなくで、好きな感じで歌って触れてあげてくださいね



新生児の頃は普段上を向いて寝ているのでベビーマッサージはすごく貴重な活動の一つ

眠りが深くなってくれるといいなぁと願いながら毎日少しずつ続けていきたいと思います



そして娘は「ほっちゃんのママだからママはマッサージしちゃだめ~ほっちゃんが赤ちゃんだから~」と飛んでくるという

今日もかわいい大きな赤ちゃんでした

IMG_8691.JPG

私はベビーマッサージが大好きなので、

個別やオンラインで分かりやすく伝えていけるようにと内容をじっくりと検討しています


ほにかママ

posted by ほにかママ at 15:57| Comment(1) | 子育て日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月20日

教室再開の考え方

緊急事態宣言が解除され、社会が少しずつ元に戻ろうとしていますね

学校や、仕事の再開。

大きな公園も6月から再開するようです。




ですが、今までみんなが動かないようにしていたのでコロナ感染者が減っていったと思うのですが、

みんなが動くようになったら、、、第二波、第三波。

普通に考えると・・・きますよね



と思うと、慎重に行動しなければいけないなと気が引き締まります




私はほっこり親子教室をしていますが、こちらの活動は小さな親子さんを対象としています。

私も最近姪っ子が生まれましたので、小さな赤ちゃんがいる方のお気持ちがすごくわかるのですが、

やはり赤ちゃんを色んな所に連れて行くのはこのご時世すごく心配です。




なので私は教室を「感染予防策をとってがんばって再開する」という感じよりも

自分が主催でなにかやる場合は

「妊婦さんでも飲める薬が開発されたり、ワクチンが出てくるようになってから」と考えるようになりました




私の活動は、生活を支えている「仕事」として行っているわけではありません。

子育て期間中の今、自分にできることを何かやりたいといった趣味が大きい活動であります。



「楽しい子育てを応援」「親子の絆を深める」活動はしたいものの

本職は医療従事者でありますし、やはり一番大切な「安全を守る」というところを大切にしていきます。

ですので、自分主催の教室の再開はその時の状況次第となると思います。




ですが、オンラインや個別のベビーマッサージ、神屋子育て支援センターが再開すればベビーマッサージと産後ダンスの講師活動、地域の親子クラブでのベビーマッサージ外部講師、


助産師として小学生への命の授業のお仕事、助産師動画配信はかじの助産師と共に定期的に配信をしていく予定で、現在「お産の動画」を作り中です




娘も6月から幼稚園に入りますので、のんびり見守っていきたいですし

姪っ子の産後サポートもしていきたいです

少しのんびりしながらその時々できることを楽しくやっていけたらと思います


皆さんもどうかお元気でいてくださいね
images (46).jpg
ほっこり親子教室ほにかママ

posted by ほにかママ at 09:35| Comment(0) | 活動予定と教室の開催 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月17日

赤ちゃんの発達を促すと言われるモビールというものを作ってみました♡

かわいいかわいい姪っ子


毎日実家に行って姪っ子の沐浴をして赤ちゃんの体のチェック

母乳ケア、体にいいものを持ってくるといった産後のサポートをしています



一昨日からは入浴後にちょっとだけうつぶせタイムと赤ちゃん体操を始めましたよ


赤ちゃんは普段ずっと上を向いて寝ているので、入浴後などに少しだけうつぶせにする時間も大切

そして足の裏を支えると自分で顔の向きを動かし、もりもりっとほんの少し進んでいました

マイペースさんな様子もかわいい姪っ子

様子をみながらほんの少しずつ取り入れていきます




そして、かわいい姪っ子の為に何か作りたくなり

「モビール」を作ることにしました



生まれたばかりの赤ちゃんって何もできない存在って思われるかもしれないのですが

全然違います。

ものすごく賢いということが分かっています

例えばママの臭いも母乳ももうインプットされていますし、耳もよく聞こえています

まだ首が座らないうちはぽやぽや~としているように見えますが、

ものすごく色んなことを吸収して自分なりに学んでいます



そんな首が座る前からの赤ちゃんにおすすめなのがモビール

赤ちゃんの発達を促すと言われます



これは割と最近読んだモンテッソーリ教育の本から知り、

次に赤ちゃんが生まれたらモビールやりたいと憧れておりました

(おばさんでもできそうなことはどんどん姪っ子育てに取り入れていきます




モビールは上から糸でつるすくるくる回るおもちゃ。

バランスを保ちながら微妙に動くようになっています。

よいモビールは少しの空気でも回転し動き続けます



動きが優しいので生まれたばかりの赤ちゃんのゆっくりした目の動きにもぴったり

ゆったり回転するモビールを飾ってあげることで赤ちゃんの視覚の発達を促したり好奇心を刺激します



ということで、私は画用紙で気球のモビールを作ることにしました

画用紙を切って切って
IMG_8370.JPG
画用紙を重ねてのりでつけ、タコ糸をボンドで真ん中につけて

針金とタコ糸をつけて
IMG_8371.JPG
完成
IMG_8369.JPG
紙が余ったのでもう一つ作りました
IMG_8367.JPG
風に優しくくるくると回っています


そしてドキドキしながら実家に持っていくと

「予想以上にうまい」「作るの上手だよね」と絶賛されました



ところがひっかけるところがない・・・ということで

段ボールで何か作るかな~と思っていると

母が「これならどう?」

と、椅子に箱を重ねて紐でしばり、ツッパリ棒と普通の棒を組み合わせガムテープで止めて、

スタンド台的なものを作ってくれました



私と妹は頼もしい母を前に「ほほ~」

そして大人が騒がしい中穏やかに眠る姪っ子

無事に完成しました
IMG_8402.JPGIMG_8403.JPG
生まれたばかりの赤ちゃんの視力は0.01ほど。

ぼんやりしていて遠くまでは見れないですが、

15センチの位置が一番視点が合いやすいのでまた調節していきます




次は刺繍糸を使ったモビールを作りたいと思っています

何個もあってもいいよね~姪っ子ちゃま

おばさんに付き合ってね



娘も少しずつ姪っ子ちゃんに優しくできるようになってきました

「Sちゃん、泣いてる?大丈夫か?」と姪っ子が泣いていると飛んできてガラガラであやしてくれます

かわいい二人に癒されます
IMG_8373.JPG
ほにかママ
posted by ほにかママ at 07:12| Comment(0) | 子育て日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月14日

赤ちゃんはなぜこんなにかわいいのか

妹が無事に出産いたしまして、

現在かわいい赤ちゃんに癒される日々です(産後サポートしてます)



赤ちゃんはなぜこんなにもかわいいのか
IMG_8301.JPG
かわいいお顔にかわいい手足

このからだ

かわいくてたまりません~

きっと、みんなに愛されるようにとかわいいのだと思います




生まれたばかりの頃はポヤポヤ~として目が見えていないように感じるかもしれませんが

ぼんやりと見えています

30cmの位置が一番視点が合いやすいとされていて、30cmはママが授乳をする位置

ママのことをいつも見ています~




初めてママあるあるなこんなことがありました。

妹は赤ちゃんを泣かせないように色々と慌ててお世話をしていましたが

母が「泣かせてもいいんだよ~。泣かせると肺も鍛わるからあわてずにちょっと泣かせながら落ち着いて対応すればいいからね。」

なんていいおばあちゃんなんだと私は母に感心しました


そうなんです。

初めてママは赤ちゃんを泣かせないようにするのですが、

それは素晴らしいことなのですが、泣くことも時には大切

泣くことで母が言うように呼吸器も鍛えられますし、ストレスの発散もしています




大切なのは「赤ちゃんに一つ一つ丁寧にこたえていくこと」

ママが先回りして色々やってしまうと、感情の発達を妨げてしまうこともありますので

「何か訴えて、それにママが答えてくれて、気分が良くなる」


これが大切



具体的には、先回りしておむつを変えたり、先回りして母乳をあげたりしないということです。

「気持ち悪い」と泣いていたらおむつを変える。

「おっぱいちょうだい」と言っていたらおっぱいをあげる。

こんな感じです




赤ちゃんに話しかけながら、

何でないているのかコミュニケーションをとりながら考え付く限りのことをやってみましょう

赤ちゃんとの信頼関係が作られていきます



産後1か月は体が元に戻ろうと劇的に変化する時期です。

無理せずに赤ちゃんと一緒に寝て起きて、体を休めながらゆっくりいきましょうね




3歳のうちの娘。

赤ちゃんと会うことを楽しみにしていたのですがいざ会うと「ママは抱っこしちゃダメ~ほっちゃんのママだから」

と泣きました。

ですが、一緒に抱っこをさせてもらってから「かわいい~」と抱っこなど許してくれるようになりました。

自宅では「バブバブ」言いながらハイハイをして口にタオルを入れておしゃぶりごっこ。

「ほっちゃん赤ちゃんだから~」「かわいい赤ちゃんって言って~」

とかわいく赤ちゃん返りをしています




存在だけでかわいい赤ちゃん。無条件にかわいい赤ちゃん。

突然のかわいいライバル出現に戸惑い

きっと自分も赤ちゃんみたいにみんなにかわいがってもらいたいのでしょう

娘に愛情を注ぎながら、赤ちゃんと仲良くなれるように少しずつ一緒に関わっていこうと思います
IMG_8300.JPG
ほにかママ

posted by ほにかママ at 07:03| Comment(0) | 子育て日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月10日

オンライン「たいこをたたいて歌おう」を行いました♡

大型連休最終日

今日はオンラインお試し会最後の「たいこをたたいて歌おう」を行いました


ご参加くださいました皆さん

素敵なピアノで参加してくださいました あやか先生

本当にありがとうございます



はじめにお名前呼びのわちゃわちゃな感じで始まりましたが、

皆さん「はあい~」とお返事していただきありがとうございます

(今回のような場合は録画しているものを流してやったりすると良いそうですので今後に生かさせていただきます




続いて皆さんが用意してくださったたいこを見せていただきました

フライパン、お鍋、ごみ箱、お玉に、おはしに、色々

皆さん素敵~
IMG_8188 (1).JPG
歌いながらたいこをたたきました

おおきなたいこをたたいたり、小さなたいこをたたいたり

「ドーンドーントントントン♪」


大きな動物と小さな動物にもなりました~

うちの子は「ぞうとあり~」と言っていましたが、皆さんは何の動物だったでしょうか



幸せなら手をたたこうでは

手をたたいたり、肩をたたいたり、おしりをたたいたり


電車になったり、たいこをたたいたりしながら「ポッポー」と手をあげました
IMG_8191 (1).JPG
IMG_8153.JPG
イントロクイズで「はい」と手をあげて答えてくれたお姉ちゃん達

手を上げられるって本当にすごいことですし、正解して嬉しそうな笑顔が頼もしくかわいすぎました

本当にありがとうございました


それぞれ色んなお家にあるものを使って演奏しながら、パプリカも歌いましたよ~

わらべうたでバイバーイ



みんなそれぞれの楽しみ方で、そしてそれぞれの自由な表現がとっても素敵でした

上の子も下の子もママもパパも

歌って歌うと元気になりますし、楽しくていいですよね

今日みんなで歌ったことを思い出して、またお家でもみんなで歌ってみてくださいね
IMG_8192.JPG

2回にわたってピアノ演奏をしてくださいましたあやか先生

本当にありがとうございます

あやか先生は歳も同じ、私のピアノの先生であり、同い年の子どもがいて仲良しなママ友でもあります

本当はほっこり親子教室で一緒に定期的な活動を行う予定でしたが、このご時世なので集まっての定期的な開催は未定です。




ですが「またこうして一緒に楽しいことやろうよ~」と話していますので、

何か楽しいことをする際にはお声をかけさせてくださいね




色々お試しオンラインにご参加いただきました皆さん、本当にありがとうございました

今日で終了になりますが、沢山の「楽しかった」の声をいただくことができたので、

時代に飛び乗りオンラインを始めてみてよかったです。

「大変な時期をみんなで一緒に乗り越えていけたら」と思いながら

私自身沢山勉強をさせていただくことができ、本当に感謝いたします




そしてそして最後になりますが、

あやか先生の音楽教室についてご紹介させていただき、本日は終わらせていただきます

あやか先生は音大卒業後、現在志段味のご自宅で「アース音楽教室」をされています。

専門が「声楽」なので、内容は声楽と子どもから大人までのピアノを中心に活動されています

声楽ってあまりなじみがないかもしれませんが、(私はなじみがないです)

「声の出し方」を教えてくれたりするので、仕事で声を使う方が習ったりもするようですよ



私も「娘と一緒に演奏したい」為にアース音楽教室でピアノを習っていますが

あやか先生のピアノは声楽が専門なだけにまるで「うたピアノ」

キレイな歌が自然に沢山出てくるので、癒されます。



また子どものピアノにおいても「さあピアノ!!!」な感じではなく、

子どものペースを大切に、その子の好きな事や興味があることを取り入れてくれたり

体を動かしたり歌やリズムと触れ合いながら楽しくすすめてくれます。


まずは興味を持つところから大切にしてくれます。

バイオリンやら木琴やらなんでもでてくるのでとても面白いですよ



また何かあると親身になって一緒に考えてくれたり、

子どもの成長を一緒に見守ってくれます

こんなアットホームな音楽教室はなかなかないと思いますのでおすすめします


ご興味をもっていただけた方は、是非一度ご体験ください

連絡先はこちらです

インスタグラムをされていない方、私に連絡をいただければ個人連絡先をお伝えします

どうぞよろしくお願いいたします


ほっこり親子教室 ほにかママ


posted by ほにかママ at 16:07| Comment(0) | 活動予定と教室の開催 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月07日

ゴールデンウィークの過ごし方

皆さん今年のゴールデンウィークはどのようにお過ごしですか

我が家もお家で楽しく過ごしています



免疫アップを目指してヨーグルトメーカーを購入し、

毎日色々ヨーグルト生活

培養するヨーグルトで雰囲気が変わるのですが、

お得感があって気に入っているのはR1です

牛乳が大量のR1ヨーグルトに変身~
IMG_7572.JPG
そしてこうじとお米を使って作る甘酒にもはまっています
IMG_7543.JPG
甘酒4割、豆乳6割で作る甘酒豆乳、最高においしいです
IMG_7571.JPG
お庭にワサワサ~ヒョロヒョロ~と生えているアスパラも親子で描いてみました
IMG_7589 (1).JPGIMG_7608.JPGIMG_7604.JPG
左が娘、右が私。いきいきしています~

里山にはたけのこもはえてきました~
IMG_7745.JPG
娘がむいて
IMG_7747.JPG
いためて、バター醤油でいただきました娘「うまーーーーーーーーい」
IMG_7748.JPG
畑ではさやえんどうといちごが沢山収穫

「さやえんどうといちごまつり」です
IMG_7935.JPGIMG_7924.JPG
暑い日には収穫も大変だったりしますが、「まつり」とつけて楽しんでいます


ご近所さんの手作り石窯で手作りピザを焼いてくださったものを食べたり
IMG_7972.jpeg
IMG_7971.JPG
サンドアート屋さんが来てくれて、カラフルな砂やお花を選び家族でサンドアートを楽しんだり
IMG_8023.JPGIMG_7850.JPGIMG_7822.JPGIMG_7878.JPG
とりと戦いながら庭でさくらんぼ狩りをしています
IMG_8031.jpegIMG_8037.JPG
本当にとりさんは賢くて、「とりさんもどうぞ~」なんて言っていると

すごい数の鳥たちがさくらんぼ狩りを始めますので

今年は去年よりさくらんぼが少なく私達もさくらんぼを食べたいので網をしてとりさんと戦っています

しかし網を上手に外して食べているという・・・・



火おこしの練習もしました(以前友人達が来てくれた時に火を起こしたらとんでもないことになりましたが、次は安心してください)
IMG_7524.jpegIMG_7525.jpegIMG_7526.JPG
こんな日常です


どこにも行かなくても、何気ない日常を送れていることに感謝です


早く安心して外に出られる、お出かけできるようになるといいですね~


皆さんお元気で、のんびり過ごしていきましょうね

ほにかママ
posted by ほにかママ at 14:29| Comment(0) | 子育て日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
プロフィール
名前:ほにかママ
性別:女性
職業:主婦 NPO法人わらべうたベビーマッサージ研究会講師わらべうたベビーマッサージインストラクター、産後ダンスインストラクター、キッズ・手遊び・親子ダンスインストラクター 看護師 助産師
一言:
ママと赤ちゃん、子どもさん、みんなが笑顔になるような心地のよい教室づくりができるよう努めていきたいです。 よろしくお願いいたします。